どこの企業やお店でも人材雇用は悩みのひとつ

求人チラシ×ポスティング

ASAの配達のプロフェッショナルが
あなたのビジネスの求人募集をサポート

POINT
1

会社やお店周辺に集中して配布することが効果的

POINT
2

ポスティングなら幅広い年齢層にアプローチ可能

POINT
3

こんな仕事あるんだと知ってもらうきっかけを作り、潜在層にアプローチ可能

一番の悩みは「募集をかけても集まらない」

企業の人手不足、71%が「感じる」不人気業種には集まらず......。
財務省が2018年1月31日に発表した「人手不足の現状及び対応策について」の調査結果によると、全国の1341社のうち、「人手不足と感じる」という企業数が、1年前と比べて54社(4%)増えて952社(71%)にのぼった。人手不足の理由として、最も多かったのは「採用が進まない」で561社(59%)。この理由について、財務省の担当者は、「企業は募集をかけても人が来ないからだと話している」と説明した。同じ仕事内容で募集をかけても、時給が高いなど条件のいい企業に応募者が殺到。また、建設や飲食、小売りといった業種では、「ブラックなイメージが先行しているために募集しても人が集まらないのではないか」と話した。人手不足解消に向けた取組みとして、採用取組強化(84%)業務環境改善(43%)既存従業員の待遇改善(38.1%)、採用に向けた取組強化として、説明会等活動促進(82%)初任給等引上げ(34%)採用要件等の多様化・柔軟化(27%)女性・高齢者の採用促進(14%)という結果だった。

icon25

どこから通ってくる人が多いのか分析してから同時に仕掛ける。

人材採用できるエリアを深堀して、住居ポスティング戦略
人材採用できるエリアを深堀して、AdwordsやYouTube TrueViewでネット広告エリア限定対応

icon21

採用情報作りのキーワードは「具体化」実はこれで効果アップする。

シフトや勤務時間例もそうですが、具体的にどんな仕事があって、どんな仕事をしてもらうとか、どんな福利厚生があるとか、社内・店内様子の写真、勤務地のわかりやすい地図など、書けるものは徹底的に細かく書きます。

icon3

企業からのメッセージは求職者の目線に合わせた人選を。

色んな立場の方のコメントを掲載できるのが一番ですが、掲載できる情報量や掛けられる手間に限りがある場合は「誰のコメントを載せるのがよいか?」を考慮し取捨選択する必要があります。求職者が積極的にコメントを読みたい対象は「社員・スタッフ>人事>社長・店長」という順です。

求人チラシ×ポスティング

弊社でも新聞配達スタッフの人材確保に悩んでいた時期があり、さまざまな求人広告を試してみましたがなかなか良い結果は出ませんでした。そこで、自分たちの求人チラシのポスティングをしてみたところ、他の求人媒体と比べてとても高い成果を出すことができました。

ニュースリリース

お知らせ一覧

料金システム

1,000枚配布 5,000枚配布 10,000枚配布
10,800円 43,200円 81,000円
まずは、徒歩で通勤できる範囲でお試し募集してみませんか。 おすすめ!職業や地域にもよるが、2~3名募集を期待できる。 求人難の業種。範囲を拡大して潜在層にPRするしかない。
版下作成
片面カラー印刷
ポスティング
ポスティング苦情受付
版下作成
片面カラー印刷
ポスティング
ポスティング苦情受付
版下作成
片面カラー印刷
ポスティング
ポスティング苦情受付
1,000枚配布 10,800円 まずは、徒歩で通勤できる範囲でお試し募集してみませんか。 版下作成
片面カラー印刷
ポスティング
ポスティング苦情受付
5,000枚配布 43,200円 おすすめ!職業や地域にもよるが、2~3名募集を期待できる。 版下作成
片面カラー印刷
ポスティング
ポスティング苦情受付
10,000枚配布 81,000円 求人難の業種。範囲を拡大して潜在層にPRするしかない。 版下作成
片面カラー印刷
ポスティング
ポスティング苦情受付